変形性膝関節症の手術「人工関節置換術」@

変形性膝関節症の手術で最も多く行われているのが人工関節置換術です。 人工関節置換術とは、変形性膝関節症が進行した膝関節の骨の一部を削り取って、「人工関節」をはめ込む手術です。 人工関節置換術は、変形性膝関節症の痛みを取り除く効果が最も高い手術とされています。 膝の痛みが改善されれば、散歩や買い物などにも気軽に出かけることができるようになるので、患者さんの生活は大きく改善できます。 人工関節は、主にチタンなどの合金でできており、軟骨に当たる部分はポリエチレンでできています。 滑らかに動かすことができるので、膝の曲げ伸ばしをスムーズに行うことができます。 一般に人工関節は、およそ20年以上使用できると考えられています。しかし患者さんの中には、手術から20年以上たっていても何の問題もなく使い続けている人もいます。 人工関節置換術を受けた場合の入院期間はおよそ1ヶ月ですが、個人差があります。治療に対する意欲が非常に高く、 手術後のリハビリテーションに熱心に取り組むような患者さんの場合、手術後3週間未満で退院できることがあります。


■人工関節に置き換える手術の対象となる人

残念ながら、一度磨り減った関節軟骨を元通りにすることはできません。 そのため、人工関節置換術は、関節軟骨がほとんどなくなって膝関節の変形が進み、骨の変形が強くO脚がかなり進んでいる人や、 骨と骨がぶつかっているような重度の変形膝関節症の人、強い膝の痛みのために日常生活に大きな支障を来たしている人、 関節鏡を使った手術や頚骨の一部を取り除く手術では痛みの改善が期待できない場合、などが対象です。 人工関節の素材である金属やポリエチレンの耐用年数は20〜30年ですが、できるだけ再手術を避けるため、主に60歳以上の人に行われます。 ただし、若い人でも他に方法がない場合は、人工関節置換術が行われることがあります。


■人工関節置換術を検討するポイント

運動療法や薬物療法などによる治療を行っても効果がなく、痛みが持続する場合に人工関節置換術が検討されます。 また、軟骨が大きくすり減っていて骨と骨が直接ぶつかっている場合や、痛みで歩くこともままならず、日常生活に支障を来している場合にも検討されます。 そして、手術後にどのような生活をしたいか、という患者さんの治療に対する意欲も手術を検討するうえで大きなポイントです。 例えば手術後に「積極的に散歩したい」「旅行に行きたい」といった目標などがあるかどうかを確認します。 ただし、次のような病気がある場合は、人工関節手術を受けられないこともあります。

▼重度の糖尿病
重い糖尿病があると、免疫の働きが低下して、細菌やウィルスなどに感染しやすくなります。 人工関節は細菌などが感染しやすいため、重い糖尿病がある場合は手術が難しくなります。

▼化膿性関節炎
関節の内部に細菌感染が起こり、関節内が化膿する病気です。人工関節は感染症に弱いので、 化膿性関節炎の起こっている膝に人工関節をはめ込むことはできません。

▼認知症
手術後はリハビリテーションを継続していく必要があります。 認知機能が低下していて、そうした説明をしても理解出ない場合は、人工関節置換術を行うことができません。

人工関節置換術は、かなり高齢の患者さんでも、治療に対する意欲があれば受けることが可能です。 ただし、高齢者はさまざまな病気があることが多いので、治療に対する意欲を確認するとともに、 全身の状態をしっかり評価して、手術を行えるかどうかを決めていきます。