遠赤外線膝サポーター「メディカルマグネッカーDXひざ用」

特殊な遠赤外線の働きで、膝周囲の筋肉の硬直が取れ、難治の膝痛も退くと、 遠赤外線膝サポーターメディカルマグネッカーDXひざ用が大人気です。
(*本文は下の方にあります)




■遠赤外線サポーター

体内の細胞を共振させて働きを活発にする

現在、膝痛に悩んでいる人は大勢います。治療を受けていない人も合わせれば、日本人の膝痛の患者数は 3000万人にも及ぶとされるのです。その一方で、膝痛を治す決定的な治療法はまだ見つかっていません。 そうしたこともあってか、膝痛の治療を補助する装具が数多く登場しています。 そのような中で今最も注目されているのが『遠赤外線サポーター「メディカルマグネッカーDXひざ用」』 と呼ばれる装具です。遠赤外線とは、目に見える光よりも波長の長い不可視光線の一種で、体の内部まで浸透し、 人体に有益な働きをします。遠赤外線サポーターは、遠赤外線をいったん吸収し、人体から出ている波長に近い 遠赤外線だけを増幅して照射することで、体内の細胞を共振(外部からの刺激によって物体が振動すること) させて働きを活発にし(これを共振作用と呼ぶ)、さまざまな症状を改善させる効果を発揮します。


●遠赤外線膝サポーターの効果

膝痛に悩む人の多くは、膝の周囲の筋肉や靭帯(関節上下の骨と骨をつなぐ丈夫な結合組織)が衰えて硬直し、 膝痛を悪化させています。遠赤外線サポーター「メディカルマグネッカーDXひざ用」を装着すると、 体内の細胞は遠赤外線に共振して活発に働き出します。そうすれば当然、膝周囲の筋肉や靭帯も若返り強化されます。 さらに、遠赤外線サポーター「メディカルマグネッカーDXひざ用」から照射される遠赤外線は、 体の表面温度ばかりでなく体内の深部まで熱を伝えます。 体を温めれば、体内の血行がよくなります。特に遠赤外線の場合は、体の深部までじっくり温めるため、 体の血行がグンとよくなるのです。血行がよくなると、膝周囲の筋肉や靭帯に、酸素や栄養が十分に運ばれるため、 硬直している筋肉や靭帯がほぐれやすくなって、膝痛の症状が和らいでいくのです。 血行がよくなれば、痛みを生じさせる物質「ヒスタミン」をのぞく効果も期待できます。 膝痛に限らず、痛みを感じる場合の多くはヒスタミンが関係しています。 血液中のヒスタミン量が多くなると、膝痛などの症状が現れてくるのです。 遠赤外線の温熱効果によって血行がよくなると、ヒスタミンが回収されやすくなり、その結果、 膝痛が改善していくのです。


ひざの磁気治療サポーター「メディカルマグネッカーDXひざ用」
商品名 ひざの磁気治療サポーター「メディカルマグネッカーDXひざ用」
価格 1枚 4,500円(税抜)
2枚組 8,800円(税抜)
素材 綿、アクリル、ポリウレタン、磁石
磁石突起加工:ゲルマニウム、備長炭、他
サイズ フリー(ひざ周り約25?45cm)
カラー レッド
その他 家庭用永久磁石磁気治療器
認証番号:222AGBZX00079000
販売店 有限会社万来