膝痛・関節痛対策のためのサプリメント

階段の登り降り、散歩など、日頃から「関節」に悩んでいる方におすすめの人気サプリメントです。
(*本文は下の方にあります)




■膝痛・関節痛によい成分

グルコサミン&コンドロイチン
膝痛の解消には衰えた軟骨の修復を強く促す必要があります。 そのためには、加齢とともに失われがちな関節主要成分「グルコサミン」と 「コンドロイチン」を一緒に摂ることが有効です。 グルコサミン&コンドロイチンを摂ると、軟骨が再生し、関節痛が高率で改善したり、 関節の動きがスムーズになったりすることが、さまざまな研究からわかってきました。
【関連項目】:『グルコサミン』

MSM
「MSM」は、骨と骨をつなぎクッションの役目をする軟骨の形成、修復に不可欠な成分で、 アメリカでは既に350万人もの利用者がおり、欧米ではすでにフシブシをサポートする成分として使用され、 MSMの強みである比較的効果からスポーツ選手も愛用しているほどです。

▼キャッツクロー
「キャッツクロー」は、原産国ペルーでは、古代インカ帝国の時代から薬草として用いられ、 関節痛やリウマチ、糖尿病などの病気の治療に役立ってきました。 そして、1970年代以降、キャッツクローの優れた薬理作用が、世界各国の研究によって次々と明らかになり、 1994年には、WHO(世界保健機関)が、メディカルハーブ(薬用植物)として公式認定を行っています。 今では、キャッツクローは米国で人気ハーブの一つに数えられるほか、 ドイツやオーストリアといった欧州の国では、医薬品として用いられています。
【関連項目】: 『キャッツクロー関連製品』

▼ヒアルロン酸
「ヒアルロン酸」とは、保水性に優れた動物性ムコ多糖類の代表的な存在で、 コラーゲンとコラーゲンの間を埋めるように体内のいたるところに存在しています。 特に体の関節や肌に多く、肌に潤いを与え、関節においては「潤滑油」の役目をするなど、 人体にとって非常に重要な役割を果たします。ヒアルロン酸が減少し始めるとコラーゲンも変質し、 関節痛などを引き起こします。
【関連項目】: 『ヒアルロン酸関連製品』

非変性U型コラーゲン(進化型コラーゲン)
「非変性U型コラーゲン(進化型コラーゲン)」は、グルコサミンやコンドロイチン硫酸といった 従来のサプリメントとは全く違う仕組みで、膝痛などの関節痛を根本から改善に導いてくれる画期的な栄養です。 従来のサプリメントが軟骨を作る材料の補給を主眼としていたのに対し、非変性U型コラーゲン(進化型コラーゲン)は、 軟骨を破壊する白血球の暴走を食い止めようとするものです。 その結果、膝の炎症が速やかに治まって痛みや腫れが和らぐと同時に、 破壊される一方だった軟骨が自然治癒力によって修復されることが期待できます。
【関連項目】: 『非変性U型コラーゲン(進化型コラーゲン)』

プラセンタ
現代医学をもってしてもなかなか改善しない、つらい膝の痛みや不快症状の改善に極めてよく効くとして、 今、臨床医の間で大きな注目を集めているのが、「プラセンタ療法」です。 プラセンタを用いた治療では、「膝の痛みが取れた」「歩けるようになった」「正座ができた」 「階段の上り下りも平気になった」という患者さんが続出しています。 膝痛には、変形膝関節症のほか、関節リウマチや半月版損傷、靭帯損傷など、 さまざまな原因がありますが、そのいずれにも、プラセンタは大きな改善効果を発揮しています。 プラセンタには、細胞を活性化し傷んだ組織を修復する作用や血行を促進する作用、 炎症を抑える作用などがあり、それらが複合的に働いて、磨り減った膝の関節軟骨が修復されると同時に、 痛みや腫れが引いて、つらい膝痛を改善します。
【関連項目】: 『プラセンタ人気定番製品』

金時ショウガ
ショウガの辛味成分には、発痛物質の一つであるプロスタグランジンの生成を90%も抑える効果のあることが、 試験管内の実験で突き止められました。また、1万人以上の関節炎の患者さんにショウガを摂ってもらう試験では 多くの患者さんの痛みや腫れが和らいだことが確認されています。 このようなショウガの消炎鎮痛効果は、辛味成分や香り成分が極めて豊富な「金時ショウガ」なら 最大限に得られると考えられます。実際、10年以上も膝の激痛に悩まされた人が、金時ショウガを摂ったら、 1週間ほどで痛みが消えたという例ももあります。
【関連項目】:『金時ショウガ』

クリルオイル
腰痛・膝痛が速効消える! 高い吸収力で消炎・鎮痛をスピード実感! 脊柱管狭窄症の痛みと痺れ一掃!薬いらず!