膝痛・関節痛対策サプリメント『MSM』

MSM(メチル・サルフォニル・メタン)』とは有機硫黄と訳され、 骨と骨をつなぎクッションの役目をする軟骨の形成、修復に不可欠な成分で、 アメリカでは既に350万人もの利用者がおり、欧米ではすでにフシブシをサポートする成分として使用され、 MSMの強みである比較的効果からスポーツ選手も愛用しているほどです。 MSMを補給することによって関節、筋肉、皮膚、血管、爪、髪などの組織の強化と再生に役立つと考えられています。
(*本文は下の方にあります)


MSM

■「MSM」とは?

骨と骨をつなぎクッションの役目をする軟骨の形成、修復に不可欠な成分

最近、階段がきつく感じられる、長時間歩くのが辛くなったいう方の悩みが増えてきました。 そんなフシブシが気になる方々の間で注目を集めている成分が、『MSM』です。 MSM(メチルサルフォニルメタン)は、人の体内をはじめ野菜、動物、魚など 自然界にある生体内のほとんどに存在し、タンパク質、コラーゲン、ケラチンなどの生成に関与している有機態硫黄です。 新鮮な牛乳に多く含まれますが、それ以外に大量の摂取が出来る食物は少なく、非常に取りにくい成分です。

「MSM」は体内で酵素や抗体、グルタチオン(体内の主な抗酸化剤)、その他軟骨やコラーゲン、 毛髪や爪、皮膚をつくるのに必要な物質で、アミノ酸の生成に不可欠です。 「MSM」や他のイオウ化合物がなければ、タンパク質は分子構造を持つことが出来ません。 「MSM」の働きとしては、骨と骨をつなぎクッションの役目をする軟骨の形成、修復に不可欠な成分で、 関節炎・腰痛・リュウマチなどを緩和する、傷ついた関節や靭帯を修復する他、 抗アレルギー効果もあると言われています。

近年の研究から関節痛等で悩む方はこの「MSM」が減少していると言われており、 最近では、不足分の補給として、北米原産のデュータ松に含まれるリグニンから作られる「MSM」が 使用されるようになってきました。