膝痛・関節痛対策に『金時ショウガ』

ショウガの辛味成分には、発痛物質の一つであるプロスタグランジンの生成を90%も抑える効果のあることが、 試験管内の実験で突き止められました。また、1万人以上の関節炎の患者さんにショウガを摂ってもらう試験では 多くの患者さんの痛みや腫れが和らいだことが確認されています。 このようなショウガの消炎鎮痛効果は、辛味成分や香り成分が極めて豊富な『金時ショウガ』なら 最大限に得られると考えられます。実際、10年以上も膝の激痛に悩まされた人が、金時ショウガを摂ったら、 1週間ほどで痛みが消えたという例ももあります。
(*本文は下の方にあります)


金時ショウガ

■「金時ショウガ」とは?

金時ショウガは日本固有の品種

つらい膝痛に悩む人にとってショウガはぜひ摂るべき食品です。 ショウガの辛味成分であるジンゲロールやショウガオール、そして香り成分のガラノラクトンは、 膝の周辺の血流をよくしたり、発痛物質(痛みや腫れを引き起こす物質)の働きを抑えたりするとされているからです。 最近では、毎朝ショウガを摂る「朝ショウガ」がブームとなっています。 しかし、せっかく朝ショウガを試すなら、辛味成分や香り成分の豊富なショウガを選びたいものです。

実は、辛味成分や香り成分が他のショウガより断然多いとされている品種があります。 それが、日本固有の品種である『金時ショウガ』です。 日本には、三世紀ごろにショウガが伝わったと考えられますが、その後、次々に品種改良が進められて、 根ショウガ、黄ショウガ、谷中ショウガなどの品種ができました。 金時ショウガも、そのような品種改良を経て誕生したものです。


■膝の激痛が1週間で消えた例もある

金時ショウガは、他のショウガに比べて小ぶりで、切り口が濃い黄色である、という特徴があります。 何種類ものショウガを比較して、そこに含まれている有効成分を分析した結果、 金時ショウガには、他のショウガと比べて、けた違いに多い量の有効成分が含まれていることがわかりました。 例えば、香り成分のガラクノラクトンについて見ると、ほとんど含まれていないショウガが多い中で、 金時ショウガには目立って多く含まれています。また、辛味成分のジンゲロールも谷中ショウガの2倍、 黄ショウガの約4倍と実に豊富です。

ショウガの消炎鎮痛効果を確かめた研究も数多くあります。 例えば、ショウガの辛味成分には、発痛物質の一つであるプロスタグランジンの生成を90%も抑える効果のあることが、 試験管内の実験で突き止められました。 また、1万人以上の関節炎の患者さんにショウガを摂ってもらう試験も海外で行われ、 多くの患者さんの痛みや腫れが和らいだことが確認されています。 このようなショウガの消炎鎮痛効果は、辛味成分や香り成分が極めて豊富な金時ショウガなら、 最大限に得られると考えられます。実際、10年以上も膝の激痛に悩まされた人が、金時ショウガを摂ったら、 1週間ほどで痛みが消えたという例ももあります。

金時ショウガは、膝痛ばかりでなく腰痛や肩こり、冷え性を退ける効果も期待できます。 さらに、最近の研究によって、金時ショウガには脂肪や糖の摂り過ぎによる脂肪肝を予防・改善する効果もあることが 明らかになっています。


■店頭では濃い黄色のショウガを選ぶといい

ここまで、金時ショウガの効果について述べてきましたが、金時ショウガは通常のショウガより小さく、 辛味が強くて見た目もよくないためか、スーパーなどの店頭ではほとんど見かけません。 そこで、ショウガを買い求めるときは、できるだけ小ぶりで、中身が濃い黄色のものを選ぶようにしてください。 こうしたものは、品種に関係なく、辛味成分や香り成分が比較的多く含まれるからです。

最近では、金時ショウガを粉末や粒状に加工したサプリメントも市販されています。 膝痛のある人は、こうしたサプリメントを利用しながら、朝ショウガを試してみてください。